間もなく受験!塾に通って追い込み勉強法をマスターしよう

短期間で合格する実力を身に付ける方法

短期間で合格する実力を身に付ける方法は、アウトプット(問題を解く)をしながらインプット(知識を身につける)をすることです。実際には過去問を用いて学習すると効果的なのですが、過去問は通常難しい問題が多いため、補助輪としての塾が必要となります。塾は、過去問を無理なく演習することができる学力を身につけるのみならず、チューター的なスタッフが学習スケジュールや生徒の分からない問題の解き方を教えてくれます。また、講師やチューターが受験生時代に身に付けた解答テクニックも惜しげもなく披露してくれるでしょう。そのため、過去問に取りかかろうとして難しくて躊躇してしまうタイプの受験生には、塾を活用することが最大限に効果があるといえます。

追い込み勉強法はスケジュールと学習内容の管理が重要

一般的に、受験生は直前期の追い込みが重要だと考える人が多いです。特に、B判定やC判定の合格可能性の人は、合格可能性を高めるために直前期の学習が重要になります。ここで、塾から伝授される追い込み勉強法とは、学習面のスケジューリングと直前期に適切な学習内容だといえます。スケジューリングは、受験当日から逆算してどのような科目をどれだけ勉強するかです。特に、受験までの日にちであと何回全試験範囲を学習できるか具体的な数字で示してくれるので、受験生はそれに従えば良いといえます。直前期に適切な学習内容は、塾が過去数年の試験範囲を分析して、少ない時間で最大限の学習効果を上げられる分野を示してくれるのです。そのため、直前期の追い込みは塾を活用することで、合格可能性を一気に上げられます。