中学生受験!我が子にあった塾の選び方とは?

進学校に入学できる塾を選択

中学を卒業すると高校に進学をします。進学をするには受験が必要で、自分の学力に合った学校を選びます。この時の学校選びによって大学進学やその後の進路にも影響します。親としてはできるだけ優秀な高校、進学校と呼ばれるような高校に入れたいと思うかもしれません。その時には進学校の受験対策をしっかりしてくれる塾を選びましょう。高校受験では、内申点と入試対策が必要です。特に公立高校は内申点が良くないと入試て高得点を取っても合格できない可能性があります。進学校対策をしているところは、定期テストでもそれなりに点数が取れる対策をしてくれますし、入試でも一定の点数が取れる訓練をしてくれます。進学校に入学できる可能性が高まります。

勉強の仕方を教えてくれる塾

小学校でははっきりした定期テストはありません。一方中学になるとテスト期間が設けられ、定期的にテストが行われます。成績ではテストの点数が大きく影響するようになります。勉強のやり方が分かる子はテストでもそれなりに点数が取れますが、わからない状態だと点数が取れません。授業にもついていけていない可能性があります。すると自宅での勉強もできなくなります。この時には塾の利用を検討します。中学生向けの塾には進学校への入学を目指すものもありますが、それ以外に基礎的な勉強を教えてくれるところがあります。主に定期テスト対策を重視しているところで、勉強の楽しさを教えてくれます。少しずつ勉強に慣れさせ、自分で勉強できるようにしてくれます。