個別指導塾と集団塾!中学受験対策にはどちらがおすすめ?

個別指導塾のメリット、デメリット

個別指導は、先生一人につき、生徒少数で行われる指導ですが、メリットとデメリットを見ていきましょう。 まずはメリットです。何といっても、先生が生徒を目にかけやすいということですね。たくさん生徒がいたら、いくら優秀な先生でも全員の面倒を見ることは至難の業です。その点個別指導であれば、生徒が少数なので、丁寧な指導がなされることが期待できます。生徒一人一人に合わせた、オーダーメイドの学習プランの作成が可能なのです! 続いてデメリットですが、あまり生徒のレベルに合わせすぎた指導もまた、生徒の成長のためには望ましくないのです。まったりとしすぎていては向上心は生まれませんし、一緒に勉強する者が少ないことで孤独感を感じてしまい、勉強が長続きしない、というケースも実はあるんです。

集団指導塾のメリット、デメリット

続いて集団指導塾のメリット、デメリットについてみていきましょう。
こちらのメリットは、価格の安さ、仲間と共に勉学に励む連帯感や緊張感などがあげられます。リーズナブルな価格でお子さんに教育を提供できるのはうれしいですよね。また、仲間と一緒に勉強することで、競い合ったり、高め合ったり、そういった相乗効果も期待できます。
そしてデメリットですが、こちらは自分一人のレベルに合わせ辛いことです。たくさん生徒がいれば、先生は一人一人を細かくチェックすることが出来なくなってしまうので、わからない問題をそのままにしてしまいがちです。また、授業内で遅れを取ってしまっても待ってもらえないので、最悪一講義分何も得るものがなかった…というケースも珍しくありません。

学習そのものだけでなく、傾向やマル秘話などためになるアドバイスをもらえることが、高校生の塾の強みであると言えます。生徒一人ひとりの特性に合わせた講義を心がけています。